>>戻る死刑制度について

カテゴリ:
法学 > 刑法・刑事関係法
大学所在地:
広島
枚数:
3ページ
ポイント:
1,000ポイント
登録日:
2012-07-12
資料作成時期:
2010年10月
登録ユーザ:
showhbb
ダウンロード回数:
8
ユーザの評価:
講義科目名
法律学A
与えられたテーマ・課題
死刑制度について
目次
死刑制度に賛成か反対か
本文からの抜粋
わたしは裁判員になったとき、死刑判決は下せないと思う。そもそも私は死刑判決を廃止するべきだと考える。
 まず、死刑という刑には死刑執行人がいる。絞首刑が執行されるとき、執行人が3人用意され3人が3つのボタンを同時に押し、その3つのうちの1つのボタンが犯罪者を死刑にできるのである。このシステムを利用して、3人のうち誰が直接執行したか分からなくしているのだが、やはり執行人の心理的負担はとても大きいものだと思う。死刑執行人を辞職する人もこのような理由で辞める人が多い。
参考文献
評価
B(普通)
オリジナリティ・特徴
自分なりに考えた文章ではあるが、無駄が多い。その分、うまく要約すれば良いレポートになる可能性がある。
キーワード
死刑制度

コメント

warinsdo3さん
2017-08-06

長い文章かと思ったら同じ文章が3回連続で続いていた