>>戻る生命倫理学とは何か?

カテゴリ:
哲学 > 倫理学
大学所在地:
三重
枚数:
3ページ
ポイント:
250ポイント
登録日:
2012-11-11
資料作成時期:
2012年1月
登録ユーザ:
jhonchin
ダウンロード回数:
13
ユーザの評価:
講義科目名
倫理学
与えられたテーマ・課題
生命倫理とは何か
目次
本文からの抜粋
「生命倫理学」の語源は、バイオエシックス(Bioethics)の訳語で、ギリシア語のBios(生命)と、ethics(倫理・倫理学)の組み合わせからなる造語である。
 1970年代のアメリカにて確立され、1978年の『バイオエシックス百科事典』の編集の際、学問として確立した。以前は「医療倫理(医の倫理)」という用語が使われており、医療における倫理問題を扱う学問とされていたが、現在では体外受精などの生殖技術や、脳死からの臓器移植医療、延命治療、遺伝子技術など、高度な医療技術の発達に伴い、それまでになかった新しい問題が生じ、先端医療技術(バイオテクノロジー)の領域においても社会が受け入れていくための倫理原則を打ち立てることが求められた。
参考文献
評価
S(高評価)
オリジナリティ・特徴
生命倫理学をあらゆる方向から論じています。
キーワード
生命,生命倫理

コメント

akane1111さん
2016-12-24

参考になりました。