>>戻る「府兵制」について

カテゴリ:
歴史学 > 世界史
大学所在地:
茨城
枚数:
5ページ
ポイント:
300ポイント
登録日:
2014-09-28
資料作成時期:
2013年9月
登録ユーザ:
Thoan
ダウンロード回数:
0
ユーザの評価:
講義科目名
専門演習アジア文化史
与えられたテーマ・課題
卒業論文の予備研究
目次
はじめに
1、府兵制とは
2、唐の府兵制
3、府兵制度の崩壊
4、唐の新兵制
まとめ
本文からの抜粋
はじめに
軍事力は国家が行使する権力の最たるものであり、その内容には、社会制度、外交関係、人口、財政、技術力、文化など、多岐にわたる要素が反映される。私は、唐という「絢爛たる世界帝国」の盛期の兵制として知られる府兵制の制度と実情、その源流、そして崩壊を調べることで、唐の社会と文化を新たな視点で見ていくことができるのではないかと考え、このテーマを取り上げることにした。
参考文献
松丸道. ほか, 1996 『世界歴史大系 中国史2 -三国~唐-』
石田勇(1979)「〈研究ノート〉唐府兵負担攷:律令法規からみたる」. 上智史学, 第 22 巻, pp. 67-77.
渡辺信一郎(2003)「唐代前期における農民の軍役負担」『京都府立大学学術報告 人文・社会』, 第 55 巻, pp. 1-21.
評価
A(良)
オリジナリティ・特徴
中国唐の府兵制についてまとめました。
キーワード
唐,軍事,府兵制,中国

コメント