>>戻る薬剤耐性の対策

カテゴリ:
医・薬・看護 > 薬学
大学所在地:
北海道
枚数:
3ページ
ポイント:
300ポイント
登録日:
2016-01-08
資料作成時期:
2013年12月
登録ユーザ:
ravvi999
ダウンロード回数:
0
ユーザの評価:
講義科目名
与えられたテーマ・課題
目次
1,はじめに
2,薬剤耐性菌について
3,考察
4,感想
本文からの抜粋
薬剤耐性菌が増えるメカニズムとして、もともと耐性を持っていた菌が自然選択を経ることで増殖する場合と、抗生物質に対して感受性があった菌が耐性菌へと変化してしまう場合とがある。
 まず、感受性菌が耐性菌に変化してしまうことについて、これは耐性遺伝子の受け渡しによっておこる。その受け渡しの方法には接合・形質導入・形質転換・の3種が主である。
参考文献
もう抗生物質では治らない Michael Shnayerson/Mark J.Plotkin 共著  NHK出版
レ―ヴン/ジョンソン   p.レーヴン/G.ジョンソン/J.ロソス/S.シンガー共著 培風館
薬が効かない! 三瀬勝利著 文藝春秋
日本における薬剤耐性HIVの動向 2003~2007年(http://idsc.nih.go.jp/iasr/30/355/dj3552.html)
microbeonline (http://microbeonline.com/microbial-genetics/)
日本経済新聞 (http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3002Z_Q4A430C1CR8000/)
評価
S(高評価)
オリジナリティ・特徴
薬剤耐性菌について調査を行い、その対策方法と利用方法について考察した
キーワード
薬剤耐性菌,細菌,HIV

コメント