>>戻る人的資源管理論 レジュメ

カテゴリ:
経営・商学 > 組織・人事・人材
大学所在地:
東京
枚数:
2ページ
ポイント:
100ポイント
登録日:
2016-01-22
資料作成時期:
2013年12月
登録ユーザ:
syuya9021
ダウンロード回数:
0
ユーザの評価:
講義科目名
ゼミ研究発表
与えられたテーマ・課題
人的資源管理
目次
本文からの抜粋
人的資源管理論

1. 人的資源管理とは
・企業はヒト、モノ、カネ、情報によって構成されているといわれる
ヒトの管理⇒人的資源管理
◎どのようなヒトを採用雇用するのか、如何にしてやる気を引き出し、能力を育成、開発しどのように働かせ、評価し、処遇するのか、といった問題を扱う管理活動
⇒ヒトの管理に関する新しい視点や方法の変化を反映したものである。

⑴ 人的資源管理の人間モデル
○経済人→社会人→自己実現人と変化してきた。

人間モデル
経済人モデル:人間はもともと労働が嫌いで、労働者は賃金を得るために働くのであり、金銭という経済的刺激によって動機付けられる。
社会人モデル:労働者は孤立した個人ではなくその行動や働き方を規定しているのは何より職場における同僚や上司などとのインフォーマルな人間関係であるとした。
自己実現人モデル:本来労働を嫌うものではなく、自ら目標を設定し、その達成のなかでさらに高次の目標や欲求に向けて自ら努力するものだと捉えた。
  ⇒人的資源管理論はこの自己実現人モデルの延長線上にある。
参考文献
1からの経営学
評価
B(普通)
オリジナリティ・特徴
1からの経営学より人的資源管理論の項目からレジュメ方式にまとめたものです
キーワード
人的資源管理,行動科学

コメント