>>戻る国際社会で活躍するためには何が必要なのか

カテゴリ:
国際関係学
大学所在地:
兵庫
枚数:
5ページ
ポイント:
500ポイント
登録日:
2017-04-17
資料作成時期:
2012年1月
登録ユーザ:
mayupon0749
ダウンロード回数:
0
ユーザの評価:
講義科目名
総合学習
与えられたテーマ・課題
興味のあることについて小論文を書きなさい
目次
・序論
・本論(第1章 国際社会で活躍する人とは?第2章 ただ英語が話せるだけでは通用しない第3章 教育はどうあるべきか?)
・結論
本文からの抜粋
国際社会で活躍する人とはどういった人なのだろうか。実際にOECD(経済開発協力機構)の環境局で局長顧問として活躍されている北森久美さんという方がいる。北森さんは中学三年生のときに始めてロンドンに行き、インターナショナルスクールに入学する。日本の中学校でしか英語を勉強したことがなかったので、最初は大変苦労されたようだ。24歳で世界銀行(世銀)のアジア局で環境スペシャリスト・エコノミストとして採用され、主に南アジア
参考文献
①『日経ビジネスONLINE』
(http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20101111/217040/?rt=nocnt)
②大津由紀雄『日本の英語教育に必要なこと』(慶應義塾大学出版会,2006年)
③『同志社大学ホームページ』
(http://law.doshisha.ac.jp/politics/students-voice/post-3.html)
④『VIEW21 新しい進路指導のパートナー② 進研ニュース』
(http://benesse.jp/berd/center/open/kou/view21/2003/02/koku02-01.html)
⑤『文部科学省ホームページ』
(http://www.mext.go.jp/)
⑥『NHK 解説委員室』
(http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/200/73248.html)
⑦フローラン・ダバディー『「タンポポの国の中の私」-新・国際社会人をめざして-』(祥伝社,2001年)
⑧『中国新聞ホームページ』
(http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201201210068.html)
⑨『日本経済新聞ホームページ』
(http://www.nikkei.com/life/living/article/g=96958A90889DE...)
評価
A(良)
オリジナリティ・特徴
グローバル人材の育成については現在でも重要な課題となっているため、ヒントになる点が多いと思う。教育制度の問題との関連が面白いと思う。
キーワード
国際社会,グローバル社会,英語教育,英会話,国際人

コメント