>>戻る中国産輸入食品は本当に危険なのか?

カテゴリ:
国際関係学
大学所在地:
石川
枚数:
3ページ
ポイント:
200ポイント
登録日:
2017-06-20
資料作成時期:
2013年11月
登録ユーザ:
yuu1221
ダウンロード回数:
0
ユーザの評価:
講義科目名
国際関係学
与えられたテーマ・課題
国際関係においての課題
目次
本文からの抜粋
昨年、日本マクドナルドが仕入れた上海福喜食品の期限切れ鶏肉問題がメディアで大きく取り上げられた。これによって、2008年に起きた、冷凍餃子に殺虫剤が混入していた毒ギョーザ事件後同様、中国産輸入食品の汚染を危惧する声が世間から多く上がるようになった。
 このように、日本では中国産輸入食品の安全性について国民的関心が高いといえるが、そもそも中国国内での食への安全意識はどうなっているのであろうか?
参考文献
上田千秋、榊原崇仁“中国 違反数10年トップ” 北陸中日新聞 
 2014年8月9日 朝刊
・財務省“財務省貿易統計 平成26年分(確定)”2015
(2015年11月8日アクセス)
・財務省“財務省貿易統計 平成12年分(確定)”2001
(2015年11月8日アクセス)
・ Business Journal“危険な中国産食品、なぜ日本で流通?検査率わずか1割、
 ずさんな食品検疫体制の問題点”2014 (2015年11月8日アクセス)
・厚生労働省“平成24年度 輸入食品監視統計”2013
(2015年11月8日アクセス)
・農林水産省“日本の食料自給率” (2015年11月8日アクセス)
評価
不明
オリジナリティ・特徴
中国の食の安全問題を国際関係から考察している
キーワード
食,中国,食の安全

コメント