>>戻る看護覚え書を読んで

カテゴリ:
医・薬・看護 > 看護学
大学所在地:
東京
枚数:
2ページ
ポイント:
100ポイント
登録日:
2008-08-29
資料作成時期:
2007年6月
登録ユーザ:
defstar
ダウンロード回数:
222
ユーザの評価:
講義科目名
基礎看護学
与えられたテーマ・課題
目次
1.フローレンス・ナイチンゲールの考える看護とは何か
2.自分が考える看護とは何か
3.環境の講義と連動して看護とは何か
4.自分の課題は何か
本文からの抜粋
ナイチンゲールが看護を定義しているものとして「新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさを適切に整え、これらを活かして用いること、また食事を適切に選択し管理すること-こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること」と「自然が患者に働きかけるに最も良い状態に患者を置くことである。」がある。
参考文献
Floremce Nightingale著.薄井坦子他訳.看護覚え書-看護であること・看護でないこと-.改訳第6版.現代社.2000
評価
不明
オリジナリティ・特徴
ナイチンゲールの看護覚え書を読み、授業で学んだ看護における環境の内容を通して作成しました。
自分のこれまでの経験を踏まえ看護および看護感を簡潔に記してあります。
キーワード
ナイチンゲール,環境,看護覚え書

コメント

miyuaikawaさん
2016-08-16

段落ごとに分かれていて分かりやすかったです。

KitoHodaka0820さん
2014-08-07

わかりやすいです。

blackbeautyさん
2013-06-11

感想のみですね。

uutanmamaさん
2013-05-07

参考になりました。

19841017さん
2013-04-29

6969699さん
2013-04-27

参考になりました

ai1127さん
2012-07-16

「なので」という接続語が多数使われていたがレポートにはあまり適切じゃないと感じた。
その他は参考になりました。

miyuki323さん
2012-05-21

参考になりました。

aiko14さん
2012-05-12

よくまとめてある。

kohanyan_rootさん
2011-09-04

参考になりました。

pwbbg794さん
2011-08-21

わかりやすくまとめてありました

yasushiyasuhiさん
2011-08-15

良かったです。

turuturuairuさん
2011-08-12

komiyu373さん
2011-05-29

うまくまとまっていて参考になりました。

midori0724さん
2011-04-23

まあまあ

ujikao2さん
2011-03-23

とても分かりやすくて参考にさせていただきました。

tomoshikka151206さん
2010-08-23

わかりやすかったです。

fullmoon1213さん
2010-08-18

とても簡潔にまとめてあり参考になりました。

redstarさん
2010-06-13

分かりやすくまとまっていたので講義では不明なところが理解できました。

mayuyuさん
2010-05-15

参考になりました

20030903さん
2009-08-19

参考になりました。

osamutti0613さん
2009-08-14

n0907さん
2009-05-04

わかりやすくまとめてあると思います。