>>戻るレオポルド触診法・妊婦に適切な姿勢

カテゴリ:
医・薬・看護 > 看護学
大学所在地:
東京
枚数:
3ページ
ポイント:
150ポイント
登録日:
2010-01-31
資料作成時期:
2008年3月
登録ユーザ:
defstar
ダウンロード回数:
3
ユーザの評価:
講義科目名
母性看護学
与えられたテーマ・課題
目次
本文からの抜粋
レオポルド触診法
目的
① 腹部の触診によって子宮内の胎児の位置、姿勢や数、羊水の多少などを観察する
② 子宮底長測定のために子宮底位置を確認する
③ 胎児心音聴取のために最良聴取部位を確認する
④ 同時に妊娠線、浮腫、腹直筋離解などの母体腹部の観察の機会とする
参考文献
評価
不明
オリジナリティ・特徴
レオポルド触診法・妊婦に適切な姿勢について方法や意味についてのべました
キーワード
母性看護学,看護技術,レオポルド触診法

コメント