>>戻る「ケア」について

カテゴリ:
医・薬・看護 > 看護学
大学所在地:
東京
枚数:
1ページ
ポイント:
100ポイント
登録日:
2010-04-25
資料作成時期:
2010年4月
登録ユーザ:
nagiho
ダウンロード回数:
10
ユーザの評価:
講義科目名
看護技術
与えられたテーマ・課題
ケアについて考える 文献を参考に
目次
「ケア」について
本文からの抜粋
看護師にとって「ケア」とは何か。「ケア」とは、技術や結果に対してのみを示す言葉ではなく、相手(患者)への立場に立ち、思いやりを持ってて相手に接することで成り立つ言葉だと二種類の文章を読んで感じた。メイヤロフは、その人の世界がどのようなものであるのか、理解することがケアするために必要であると述べている。相手の世界に入り、その人自身の内面を感じ、その世界に入り込んでいくことは難しいことだと思う。日々の生活の中で親しくなるのは、たいていが価値観の近い人であることが多い。そうでない場合でも、相手の中に入り、世界を感じるまでに付き合う相手は限られているだろう。しかし、看護師として患者に接する場合にはそれではいけない。相手の求めているものを感じるためには、相手の考えやその世界に飛び込まなければ理解することはできない。
参考文献
職業としての看護 ケアをとおして生きるということ
看護におけるケアの考え方の歴史
評価
B(普通)
オリジナリティ・特徴
ケアについて考える、というテーマで書いています。看護師として心構えを組んで取り込んでいきたいとことを書いています。
キーワード
ケア,看護師,キュア,アート

コメント

unaredaroareさん
2017-08-12

とてもいい