>>戻るストループ効果

カテゴリ:
心理学 > 知覚心理
大学所在地:
山口
枚数:
6ページ
ポイント:
300ポイント
登録日:
2010-05-15
資料作成時期:
2010年4月
登録ユーザ:
eightkumi
ダウンロード回数:
12
ユーザの評価:
講義科目名
心理学基礎実験
与えられたテーマ・課題
目次
問題
方法
結果
考察
本文からの抜粋
色彩情報と文字情報とが相互に影響を及ばし合っていることは日常においてよくみられることである。例として道路標識が挙げられる。一時停止や進入禁止などに赤色を使用し,踏切ありや動物が飛び出すおそれありなど注意を促すようなものには黄色を利用している。止まれなどの文字とその色の持つイメージとが相互に影響を及ぼし,歩行者やドライバーが標識の意味を理解するのを助けている。
参考文献
浜治世(1964).実験異常心理学  誠真書房
Lewin,K.(1961). A dinamic theory of personality. New York:Mcgraw-Hill
柴崎光世(2009). ストループ効果 宮谷真人・坂下省吾(編) 心理学基礎実習マニュアル 北大路書房 pp.112-113.
評価
不明
オリジナリティ・特徴
初めての方にオススメデス
キーワード
実験,認知,ストループ効果

コメント

aloha39さん
2017-02-09

わかりやすかったです