>>戻る実習で得た看護観

カテゴリ:
医・薬・看護 > 看護学
大学所在地:
新潟
枚数:
1ページ
ポイント:
150ポイント
登録日:
2010-06-14
資料作成時期:
2010年1月
登録ユーザ:
billiken3255
ダウンロード回数:
108
ユーザの評価:
講義科目名
基礎看護学
与えられたテーマ・課題
看護観
目次
看護に必要なもの
本文からの抜粋
患者にとって入院生活とは、快適な生活とは言えないものである。なぜなら、少なくとも患者自らのライフスタイルとは大きく異なる生活を強いられるからである。食べ慣れない食事を食べ、慣れない寝具で眠り、家族以外の人間と毎日顔を合わせるという、住み慣れない環境での生活であると思われる。患者の中にはそのような生活であることもわからず、生死を彷徨っている急性期の患者や、認知症が進み、今どこで生活しているのかわからない患者もいる。それでも、入院しているということは普段とは違う環境なのである。
参考文献
評価
不明
オリジナリティ・特徴
臨床での実習を通して得た看護観を実際に行った援助とリンクさせ考察にまとめた。
キーワード
看護,実習,援助,情報収集,看護過程

コメント

unaredaroareさん
2017-08-12

実習へ向けての学習でとても参考になった

hamusokuさん
2015-02-15

1ページでしたがすごく参考になりました

eemomokaさん
2013-03-14

1ページでしたが
うまくまとめていると
思いました

butasayaさん
2013-02-17

aiko14さん
2012-08-27

とても良くまとめられていた。

ai1127さん
2012-07-21

とてもよくまとまっていて参考にまりました

ujikao2さん
2011-03-23

実習の前読ませていただき、参考にさせていただきました。