レポート >経営・商学

465件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 人的資源管理論 レジュメ
    登録ユーザ:
    syuya9021
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    100ポイント
    登録日:
    2016-01-22
    ユーザの評価:

    人的資源管理論

    1. 人的資源管理とは
    ・企業はヒト、モノ、カネ、情報によって構成されているといわれる
    ヒトの管理⇒人的資源管理
    ◎どのようなヒトを採用雇用するのか、如何にしてやる気を引き出し、能力を育成、開発しどのように働かせ、評価し、処遇するのか、といった問題を扱う管理活動

  2. ピーター.F.ドラッカーの人間観について
    登録ユーザ:
    btooo
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2014-01-15
    ユーザの評価:

    ドラッカーの人間観を考察する上で、彼が考えた「人間」またはそれに関わる「組織」に対する各種の視点が大切となってくる。最初に、彼が提唱した「目標による管理(MBO:Management By Objectives through Self Control)」について考察してみる。これは、組織マネジメントの手法の一つであり、本人の自主性にまかせることで、主体性が発揮され結果として大きな成果を得られるという彼の人間観及び組織間に基づく考え方である。

  3. 日本のコーポレート・ガバナンス
    登録ユーザ:
    nixymt
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-07-09
    ユーザの評価:

     コーポレート・ガバナンスとは、主に「企業統治」と訳され、企業(株式会社)の経営を監視する仕組みのことである。経営者には、株主に最大限の利益を与える責務があり、その責務を果たしているかを監視するほか、経営者に目標を与えて業績評価をする。さらに、経営側と株主側、相互の利害関係を調整するためのものでもある。また、企業の不祥事を未然に防ぎ、「企業価値」向上を目指すための重要な仕組みである。経営をするにあたって、コンプライアンスは非常に重要であり、経営者の独断で法を犯さぬよう、株主側が監視する。つまり、法を守り、きちんとした体制のもとで「企業価値」を向上していくために、コーポレート・ガバナンス…

  4. ブランド価値の資産計上
    登録ユーザ:
    aki0016
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2013-07-23
    ユーザの評価:

    少数株主が存在する子会社の場合には、親子会社間取引により一方的に少数株主の権益が侵害されるおそれがあり、その場合には少数株主に対して合理的な説明をする必要があるといえる。とりわけ、子会社が公開会社である場合には、少数株主が一般投資者であることが少なくないことから、少数株主の権益保護を図らなければならない。

  5. 企業家精神の理論と実践
    登録ユーザ:
    kon3405
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    350ポイント
    登録日:
    2013-01-25
    ユーザの評価:

    企業家という言葉は、フランス語の「何かを行う」を意味するところの「アントルプランドル」を語源とし、元来、中高年の間で「活動的で、何事でもこなす」という意味で使われてきた。企業家精神における最初の経済学上の学説は、「ドイツの本質的商業についての評論」と題された著作の中に見られる。

  6. 生活時間の国際比較から日本人の共働き夫婦の労働生活の特徴
    登録ユーザ:
    RBCB06
    枚数:
    10ページ
    ポイント:
    500ポイント
    登録日:
    2013-01-24
    ユーザの評価:

    ~生活時間とはなにか~
    今後分析を進めていくにあたって、生活時間とは何かを考えていきたいと思う。生活時間とは、24時間を周期とする生理的リズムの中で個人が組み立てて過ごす時間である。サーカディアンリズムともよばれる。
    生活時間にはおおまかに四つの区分が存在し、

  7. ソーシャル・マーケティングについて
    登録ユーザ:
    twotaro
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-01-23
    ユーザの評価:

    まずソーシャル・マーケティングの定義について説明する。ソーシャル・マーケティングとは、社会問題の解決や社会貢献等を目的としたマーケティングのことをいう。ソーシャル・マーケティングは、1960年代頃のアメリカで誕生した。このことは、この時代でベトナム戦争や公害、消費者問題といった様々な問題が発生したという点と関係がある。このような問題が数多くあったからこそコンシューマリズムという概念がうまれたのだろう。また反戦、反公害といった社会運動と、コンシューマリズムとの関係が、ソーシャル・マーケティング誕生に大きく関わっていた。様々な社会問題への対応にマーケティングが役立つという考えが生まれ、ソーシャ…

  8. 『経営パワーの危機-会社再建の企業変革ドラマ』を読んで
    登録ユーザ:
    twotaro
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-01-23
    ユーザの評価:

    まず、優秀な経営者とはどのような経営者か。私が思う優秀な経営者とは、組織内でしっかりコミュニケーションをとって組織内の状況をよく知り、トップだからといって奢り高ぶることなく、明確なビジョンを打ち出し我慢の経営ができる経営者である。

  9. イノベーションを起こした人物の思考
    登録ユーザ:
    markomarin
    枚数:
    8ページ
    ポイント:
    400ポイント
    登録日:
    2012-07-22
    ユーザの評価:

    スティーブ・ジョブズ、ディヴィット・オグルヴィ、ゴールデンボンバーについて

  10. マーケティング・リサーチ
    登録ユーザ:
    lovelikesn
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-07-31
    ユーザの評価:

    企業などの組織が、商品・サービスを提供するために、顧客を知り、顧客にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用できる。この顧客を知る活動がマーケティング・リサーチである。
    マーケティング・リサーチは、顧客から企業への情報の流れをつくる活動のひとつであるが、「お客様相談センター」などが、顧客側から企業へアプローチされるのに対し、マーケティング・リサーチでは、企業側から顧客へアプローチし、顧客側の情報を得るのが特徴である。この特徴により、「自分から進んで文句を言わないが行動で示す(商品を買う・買わない)」と…

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >