レポート >総合政策学

44件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   次へ >
  1. リーマンショックと社会の変貌
    登録ユーザ:
    puyoru
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2010-11-28
    ユーザの評価:

    篠原講師は、「一身にして三生を生きる」という言葉から講演を講義で使われた。今回の講義では、この言葉がとても重要な意味を成していると感じる。この言葉は、福沢諭吉の著書『文明論の概略』中で使用されている「一身にして二生を経る」を参考にした造語であるが、本来の言葉の意味は、福沢諭吉は江戸時代と明治時代という考え方も生活様式も一変した二つの時代を生きることができたといった具合の意味合いの言葉である

  2. 市場型メカニズムを用いることの是非
    登録ユーザ:
    arufa330
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-02-08
    ユーザの評価:

    市場型メカニズムとは、OECDによると『市場の少なくとも1つの重要な特性が存在しているすべての枠組みを包含する』(1)とある。この定義は幅広い、実際サービス提供の領域における主要な方法も教育バウチャーやアウトソーシング、中には一部の公共事業もこれに含まれる。
    市場型メカニズムはより低い価値やより改善されたサービス水準のような効率性の利得の獲得、また即戦力を求める場合にも用いられる。用いるには競争的な市場が何よりも必要であり、次に政府自身がイノベーションを行う体制、そしてバランスを大切にしなければならない。

  3. サブプライム危機の構図
    登録ユーザ:
    071081
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    250ポイント
    登録日:
    2011-09-27
    ユーザの評価:

    サブプライム問題の背景を見るため、経済成長、財政赤字、貿易収支の動向を確認します。
    アメリカの実質経済成長率は1991年にマイナスを記録、「ニューエコノミー」といわれた長期的な高成長を実現したが、2000年のITバブルの崩壊で終了し2002年以降先進国内で相対的に高い3%前後の成長率になっており、これは国内需要の約70%を占める個人消費の拡大に支えられてきましたが、同時に国内経済の空洞化を意味する貿易赤字の持続的拡大と進んできたといえます。2001年以前は、黒字化をともない高成長したが、2001年以降は財政の急激な悪化が生じ

  4. サーチ理論から考える新卒就職市場
    登録ユーザ:
    beherenow
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2011-08-04
    ユーザの評価:

    現在のリクナビ、マイナビ、エンジャパンなどの就職活動サイトをメインに据えた就職活動には決定的な欠陥がある。それは、企業と就職活動生がたがいに個々人で相手の情報を集めている部分である。この構造的欠陥ついて、多少の考察を行った。

  5. 「ニート」は若者の選択肢となりたるのか。
    登録ユーザ:
    matsukon
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    250ポイント
    登録日:
    2011-07-11
    ユーザの評価:

    価値観のぶつかり合い
     城繁幸氏は著書「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか――アウトサイダーの時代」で、今現在俗に言うエリートたちほど企業に失望し、新しい今までの枠組みから飛び出したところでの試みを具体例を出して説明しているのだが、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者である山田真哉氏の例を出している。彼は「逃げるように辞めた」のである。彼は休職氷河期の真っ只中にせっかく見つけた仕事に「わくわく感」つまり意義を見出せなかったのである。賃金の安さ、仕事のきつさがあったとしても、仕事の中に意義を見出せていたら彼は職を手放さなかっ…

  6. 紛争請負人による紛争解決の政策
    登録ユーザ:
    matsukon
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    250ポイント
    登録日:
    2011-07-11
    ユーザの評価:

     今回キングダンの「政策の窓」のモデルを使い、ある政策の課題設定プロセスを説明するにあたって私は「紛争請負人による紛争解決」を一種の政策として取り上げようと思う。なぜならば、私は幼いころから戦争というものが恐ろしかったからだ。私たち日本人の日常生活は「原爆」などの戦争の傷跡の上に成り立っている。だがしかし、今の日本人の頭の中に平和のありがたみがしっかり認識されているのかといえばそうではない。ソレを経験した者でないかぎり頭の中に平和のありがたみも、戦争の恐ろしさもなく、紙の上だけのことなのだ。
     世界には今現在この時も戦争というものは絶え間なく続き、終わることのない恐怖の闇の…

  7. 政府の政策を考察し評価しなさい
    登録ユーザ:
    kyo12345679
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2011-01-27
    ユーザの評価:

    民主党が衆院選で掲げたマニフェストの一つである、「高等学校授業料無償化」について、政府のアカウンタビリティ、効率化、政策の改善を実現するという観点から、この政策の手法と制度の現状と課題について論じていく。
     高等学校授業料無償化とは、高校、他に高等専門学校や専修学校、一部の各種学校(外国人学校など)などを対象にした政策である。そして、このうち、公立高校と公立中等教育学

  8. 津山市のまちづくり
    登録ユーザ:
    michi4103
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    100ポイント
    登録日:
    2011-05-27
    ユーザの評価:

    私の地元である岡山県津山市では、歴史的価値を重視したまちづくりを行っている。
    主に以下の二点で官民一体となって進めている。
    ○ 城東むかし町、歴史ある町並みを活かした観光まちづくりの推進
    城下町の古きよき町並みが今なお残る城東地区。昭和63年に「町並み保存地区」となり、平成元年には歴史をいかした「商家の町」として、手づくり郷土賞を受賞。これを契機に、

  9. 河川流域と"総合的治水"とは
    登録ユーザ:
    luckylipstick
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2011-01-09
    ユーザの評価:

    流域と関連付けた対策を行うにはまず、政策を行う行政改革が必要である。横割りの行政であれば、各事業が共通の目標をもって様々な分野から協力し調整して問題解決に取り組めばそれまで無視されてきた自然環境との共存という道が開けてくる。また、住民主体の計画を促進することも重要になる。確かに、工事を取り仕切るのは行政であり、計画を立てるのも行政である。

  10. 情報化、メディア社会について
    登録ユーザ:
    aop01836
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2010-05-02
    ユーザの評価:

    情報化とはなにか
    「情報化」とは、3つの観点からとらえ方がある。第1はエコノミストの視点、第2は未来学者の視点、そして第3がエンジニアの視点である。
    エンジニアの視点から見た「情報化社会」とは、IC、AVシステム、光ファイバーによってもたらされたコンピュニケーションネットワークが基本的な社会基盤として認められた社会をいう。

  <<  1   2   3   4   5   次へ >