レポート >国際関係学

200件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. ベルナール・アルノー
    登録ユーザ:
    t18ot18o
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2013-07-26
    ユーザの評価:

    アルノー氏は経営組織に関して、各社のブランド・アイデンティティの維持は最優先事項と考えられていたから、LVMH本社が各社の経営を強くコントロールすることもなく、傘下企業の自立性を認める分権的経営の戦略をとっていた。他にもこの戦略をとる要因としてブランドの希薄化、デザイナーなどプロフェッショナル人材のやる気を失わせ、人材流失の危険性もあるからだ。営業活動などオペレーションは傘下各社にまかされていたが、経営戦略の策定と予算、そしてブランドのマネジメントは本部が集中的に管理していた。大事な経営の核となる部分は本社がしっかりと管理しているので各社は各社で自由な戦略をとることができるのだ。

  2. FAOの活動と地域貢献
    登録ユーザ:
    otemoyan321
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-09-11
    ユーザの評価:

    7月24日FAO(国連食糧農業機関)アジア太平洋地域事務所の職員で国際地域開発学科のOBの新野有次さんにFAOの活動内容と今後の課題についてお話を伺った。以下は伺ったお話のまとめと私の感想である。

  3. 日本の東日本大震災後の諸外国のとの係り方について
    登録ユーザ:
    otemoyan321
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-09-11
    ユーザの評価:

    今回の震災に対する諸外国の日本への対応はおおむね友好的であり金銭、物資面はもちろん人道支援の面からしてもかなりのものである。これはリアリズムの考え方からすると例外的な事であるといえよう。各国の支援は一応は無償で行われているものだしアナーキーな状態の国際関係において対立構造を乗り越えた(あのアフガニスタンですら日本に資金援助をおこなっている)情報ネットワークの構築、抽象的ではあるが国際間のルールが構築されていることが浮き彫りになったのではないだろうか。しかしこれらの支援は過去に日本が他国の危機に対して積極的に支援、援助、を行ってきた結果ともとることができる。実際に多くの国で過去に日本が他国…

  4. 独立から構造調整までの間アフリカではどのような経済政策が行われたか?
    登録ユーザ:
    otemoyan321
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-09-11
    ユーザの評価:

     ・独立直後の経済政策とアフリカ社会主義の思想
    1960年代独立直後のアフリカの国々では、植民地支配からの脱却をはかり、行政、企業、雇用、土地、採掘等様々な権利を非アフリカ系の人々からアフリカ人へと置き換える運動(アフリカ化)が盛んになった。これにより一時的ではあるがアフリカの生活水準は向上した。しかしアフリカ人主体の経済政策はうまくはいかなかった。
    これはアフリカ人は長い植民地時代を過ごしてきたので行政や経営を担う能力が十分に備わっていなからである。そのためアフリカ諸国ではアフリカ化による経済政策から政府主導の経…

  5. 国際法 ブータン
    登録ユーザ:
    wakamekonbu
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-06-10
    ユーザの評価:

    ブータンという国は、現在世界一幸せな国と呼ばれている国である。日本にも東日本大震災の被災地にブータン国王夫妻が来日したことでメディアなどに取り上げられ、日本中に広く知れ渡った。この国はヒマラヤ山脈の東端にあり、広さは日本でいう九州ほどである。

  6. ベトナム戦争 略史
    登録ユーザ:
    peace
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-12-04
    ユーザの評価:

    1964年 トンキン湾事件(トンキン湾での米国海軍と北ベトナム軍の軍事衝突)
          →これを口実にアメリカのベトナム戦争への介入が急速に拡大

    1965年 ジョンソン大統領により北爆開始
          …アメリカは第二次世界大戦で使用した三倍の爆弾を投下
          →労働党指導者に南への支援の本格化を決意させる
          →戦争の泥沼化

  7. 国連の多国間主義について イラク戦争
    登録ユーザ:
    mtmjajp
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    400ポイント
    登録日:
    2012-08-06
    ユーザの評価:

    1. はじめに・・・
    イラク戦争はなぜ回避できなかったのかという疑問に基づいて論を展開しようと思う。
    これは、イラク戦争開戦までの、国際連合・安全保障理事国・事務総長を中心とする国連事務局の動きを国連外交の視点から調べ、多国間主義・単独主義に対する今後の課題への理解を深めることを目標とする。

  8. コミュニケーション
    登録ユーザ:
    lianhua
    枚数:
    10ページ
    ポイント:
    350ポイント
    登録日:
    2012-05-28
    ユーザの評価:

    私たちは、自己主張せず、あうんの呼吸を求め、控えめであること、協調性を重んじるようにと教育され育ってきた。日本人の感性を生かしつつ、自己主張をし、国際人と対等にコミュニケーションできる力を養う必要がある

  9. 異文化ステレオタイプのプラス面とマイナス面
    登録ユーザ:
    ymz1903
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    350ポイント
    登録日:
    2012-04-01
    ユーザの評価:

    社会心理学上では、型にはまった形で物事を見る、分類・類型化するのに用いている日常的な枠組みと一致した単純な定義をステレオタイプという。例えば、「ブラジル人は陽気である」「アメリカ人は自己中心的である」などといったことである。

  10. オーストラリアのアボリジニ問題と政府の対応策
    登録ユーザ:
    ymz1903
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    350ポイント
    登録日:
    2012-04-01
    ユーザの評価:

    オーストラリア。先住民はアボリジニ。コアラやカンガルーなどの動物たちがのびのびと暮らしている大地。ワーキングホリデーで人気の国。そんな良いイメージしかなかった国である。
    しかしそこには、先住民アボリジニに対する迫害があり、いまでもアボリジニは苦しんでいるという現実があった。

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >