レポート >心理学

566件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 他人を見下す若者たち
    登録ユーザ:
    1009rk
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-09-19
    ユーザの評価:

    全七章からなり、第一章「感情が変わった」では、最近の若者の感情の持ち方が以前とは異なってきた、という主張を様々な角度から示そうとしている。教師に対する調査では、昔の子供に比べて、今の子供の方が「怒り」を頻繁に感じ、表出するという結果が出ている。また、同じ負の感情でも「悲しみ」に関してはあまり抱かないと見ている教師が多いという。

  2. SNS依存
    登録ユーザ:
    klosemiro
    枚数:
    10ページ
    ポイント:
    500ポイント
    登録日:
    2014-01-22
    ユーザの評価:

    現代社会において、ことわざは忘れ去れてしまったように思われるがそうではない。新聞や週刊誌、テレビや歌といった身近な生活の一部分として息づいている。日本の儀礼・節日にもことわざは用いられている。また、ことわざはその時々で意味の捉え方が変わり無原理である。

  3. 大学生におけるアルバイト経験による社会性及び精神的健康度にあたえる影響
    登録ユーザ:
    htdk0301
    枚数:
    23ページ
    ポイント:
    1,500ポイント
    登録日:
    2014-01-19
    ユーザの評価:

    人間は、他者と関わり合いながら生きている。動物にとって食べることや寝ることなどは、自身の生命維持のための生理的な要求に基づいた活動である。だが人間においては、社会への所属を求めることも生理的な要求であるという説がある。Baumeister & Leary(1995 菅原による引用 2008)によると、人間のDNAの中には所属することの欲求(need to belong)がある。人間は動物として非力な存在であり、食料の獲得や安全の確保など、生きていく上でさまざまな問題が起こる。人間はそのような問題を、社会というシステムを用い、他者の手を借り、協力し合うことによって解決してきた(菅原, 2008)。このように、人間は生きていくために必ず社会とい…

  4. 女子高生コンクリート詰め殺人事件はなぜ起きたのか
    登録ユーザ:
    mio0724
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2014-01-22
    ユーザの評価:

    このレポートでは、犯行に及んだ彼らを取り巻いていた環境を通して、なぜこのような事件が起こってしまったのかということについて述べる。
    まず、主犯格の少年4人全員が何らかの形で中学、高校を中退していてうち2人の両親は離婚歴がある。
    団塊世代の両親たちは例えシングルマザーであったにせよ、彼らなりに必死に愛情を与え子供の成長を見守って育てたつもりであったからこそ事件が起こったとき彼らは口ぐちに「なぜうちの子が?」と絶望した。

  5. 人間の基本的欲求とは何か
    登録ユーザ:
    jyochan
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-08-24
    ユーザの評価:

    人間は、人類に普遍で、明らかに不変で、発生的あるいは本能的な起源をもつ無数の基本的欲求によって動機づけられている。これがマズロー独自の理論的見解における基本概念である。欲求は単に身体的なものではなく、むしろ精神的なものである。
     次のような条件を満たす特徴をもつものは、基本的欲求と考えられる。

  6. 心の発達
    登録ユーザ:
    marinwan
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    500ポイント
    登録日:
    2013-07-17
    ユーザの評価:

    人間は身体の発達と相まって、周囲の人々や社会と、互いに影響を及ぼしあいながら、少しずつ心の発達を遂げていく。
    心の発達には多くの研究報告があるが、ここではフロイト、マーラー、サリバンの考え方を概観することとする。

  7. 子供のストレスについて
    登録ユーザ:
    kapibara1
    枚数:
    34ページ
    ポイント:
    1,500ポイント
    登録日:
    2013-06-26
    ユーザの評価:

     はじめに
     ストレス社会といわれる現代の日本社会では、大人だけではなく、自由奔放に遊んでい
    るように見える子どもたちにとっても、ストレスは無関係ではなくなっている。ゆっくり
    親と向かい合うことのない子どもたち、思い切り遊ぶ時間も場所もない子どもたち、希薄
    化した人間関係した築けない子どもたちなどは、積極的な活動や自己表現をする場をもて
    ずに、ストレスにさらされている。
     そういった様々なストレスに対する子どもたちの反応を、身体的、精神的諸症状、ある …

  8. 障害者の心理を把握する際の注意点について
    登録ユーザ:
    toshitoshitoshi
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    1,050ポイント
    登録日:
    2012-12-13
    ユーザの評価:

    障害児・者における心理的を把握するためには、本人の抱える<不安の理解>と劣等感への理解を持つ事が不可欠である。障害児・者とは、機能不全や機能喪失などの機能障害、さらにそれに付随する様々な障害(ハンディキャップ)を持った人々のことであり、行動の不自由さや生活の不便さを引き起こしているが、それだけではなく・・・

  9. 国際社会に対応した教育とは
    登録ユーザ:
    zbf1973
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-10-09
    ユーザの評価:

    まず、国際化する社会とはどういった社会を指すのかについて私は述べたい。まずは、ヒト・モノ・情報の、国境を越えての移動量の増大が挙げられる。ヒトの移動は国際理解の必要性を一層高め、モノの移動は経済的結び付きを強固にしていく。

  10. インテリアと表面処理
    登録ユーザ:
    ftvftvftv
    枚数:
    11ページ
    ポイント:
    800ポイント
    登録日:
    2012-10-06
    ユーザの評価:

     私たちは、戦後復興過程で効率的に経済活動を進めるため、異文化を積極的に取り入れてきました。そのため、戦前には無かった文化の急激な流入が起こり、日本文化とうまく融合させているとはいえない状態が住環境にも多々見受けられていました。
     しかし、ゆとりが出てきた近年ではそのような状況を改善したいという社会的ニーズが起こってきました。そこで、現在と今後求められてくる都市部の住環境(インテリア)の色や処理などがどういったものかを、目的別に分析学習した情報によってカラーセラピー表を作成し、そのデータに基き効果的なカラー提案を当レポートで行いました。

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >