レポート >福祉学

541件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 障害者雇用の現実について
    登録ユーザ:
    second821
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-12-18
    ユーザの評価:

    障害者雇用とは企業や自治体が身体・知的・精神障害者および発達障害者や難病者を雇用することである。
    今日、障害者福祉において重要なテーマとなっているのは「自立と社会参加」である。これらは障害者が人としての尊厳を確保する上で不可欠なものである。我が国の現行の法制度上、自立と社会参加は障害者基本法の基本理念として明示されており、社会福祉法や障害者自立支援法などの諸法も、この理念に依拠していることから、少なくとも制度的には社会的にも広く認められているものであるということがわかる。つまり障害者が就労するということは単に収入を…

  2. 社会保障の再分配について
    登録ユーザ:
    miya3838
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-09-03
    ユーザの評価:

    社会保障制度は、何らかの形で生活の安定が損なわれた場合に、個人の尊厳を尊重しつつ、健やかで安心できる生活を保障するために、国民全体の皆で支えていくものである。所得の高い人が少ない人を、健康な人が病気の人を支えるといった同一世代内の助け合いや、公的年金制度のように現役世代と高齢世代との世代間での扶養関係や、あるいは家族や地域社会における相互扶助の社会化というように、社会を構成する人々がともに助け合い支え合うという、相互扶助と社会連帯の考え方が社会保障の基盤となっている。

  3. 現代の高齢社会に関する問題
    登録ユーザ:
    akky0815
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-12-01
    ユーザの評価:

    現在、日本では生活水準により男女共に平均寿命が大幅に伸びている。それにより日本では現在高齢化が著しい速さで進んでいる。1970年前後に高齢化社会になり1994年前後に高齢社会に突入した。このままでは日本の4人に1人が将来高齢者ということになるかもしれない。これは私たちにも深くかかわる大きな問題である。

  4. 生活支援
    登録ユーザ:
    pinokio
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    250ポイント
    登録日:
    2013-12-11
    ユーザの評価:

    ソーシャルワーク実践の対象者(クライエント)は、さまざまな課題を抱えながら生活している。生活支援においては「本人主体」が原則である。生活支援の考え方として大切なことは、誰もが自分の希望や夢を実現するために、頼りになる人や物・制度・自然環境などを自分の生活に取り込みながら生活しているということである。自分の生活のとって必要な資源は何かを知り、周囲の家族や友人、地域の人々との関係を通して手に入れ、自分で生活がしやすいように調整して暮らしているのである。

  5. 家族変動の中の高齢者
    登録ユーザ:
    marinwan
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    800ポイント
    登録日:
    2013-07-21
    ユーザの評価:

    現代の日本社会において、高齢化という言葉は、私たちの日常生活の中にすっかり浸透してしまったように感じる。今や高齢者世代は、他の世代に比べても注目をされる存在となっているのではないだろうか。高齢化の影響が問題となり議論されるようになったのは、財政・年金・雇用・医療・福祉・保険など多くの分野で広がっている。その際とりわけ重要な論点となるのが高齢者と家族との関係の変化である。通常ならば若い世代が高齢者を身体的に、社会的にもしくは多角面から援助、サポートすると考えられてきたが、その理念的な考えとは違う現実が見えてきた。

  6. 少子高齢社会の中で変化する家族形態
    登録ユーザ:
    marinwan
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    600ポイント
    登録日:
    2013-07-21
    ユーザの評価:

    高齢社会の出現は高齢者を介護する若い世代とともに、一方では介護の担い手としての高齢者を生み出したのである。介護の面に限っていえば、高齢の世代と若い世代の間の世代間扶養の姿は単純な理念的なモデルとしては存在しえても、現実にはそのモデルでは捉えきれない、もっと複雑な介護関係の様相を呈している。

  7. 更正保護制度
    登録ユーザ:
    yumi2425
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    250ポイント
    登録日:
    2013-04-08
    ユーザの評価:

    仮釈放とは、懲役または禁固の刑の執行のため刑事施設または少年院に収容されているものについて、刑法第28条の規定により収容期間の満了前に釈放するものである。仮釈放を許されたものは、仮釈放の期間中、保護観察に付される(更正保護法第40条)。保護観察の対象者は、一定の事項(遵守事項)を遵守しなければならない。(更正宇保護法第50条および第51条)が、仮釈放者については、仮釈放中にさらに罪を犯し罰金以上の刑に処せられときや遵守事項を遵守しなかった時等には、仮釈放が取り消されて、再び刑事施設等に収容される事がある。

  8. 相談援助の理論と方法
    登録ユーザ:
    yumi2425
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-03-31
    ユーザの評価:

    私たちは、日々あらゆる場面に直面し、判断したり評価したりしている。この判断の仕方や評価の基準は、たとえ同じ場面に遭遇したとしても個々により異なるものである。例えば、善意や常識的な思いやりだけで判断したとしても、必ずしも対象者の望みが叶えられているとは限らないのだ。
     私たちは、自分が大切にしている、あるいは好きなこと・ものや、受け入れにくい考え方や人を持っている。そして、これらがアセスメント面接におけるソーシャルワーカーのクライエントに対する態度、情報の取捨選択、将来予測に大きな影響を与える。ソーシャルワーカーの…

  9. 権利擁護と成年後見制度
    登録ユーザ:
    yumi2425
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-04-01
    ユーザの評価:

    成年後見制度は、判断能力が不十分な人の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務を、本人と共に本人の支援者である成年後見人等が行う事によって、本人の意志や自己決定を尊重しながら本人を保護する為の法律上の制度である。成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度とに大別され、法定後見制度は、後見、補佐および補助の三つの類型によって構成されている。

  10. 就労支援サービス
    登録ユーザ:
    yumi2425
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-03-31
    ユーザの評価:

    障害者自立支援法は、障害者基本法の理念にのっとり、「障害者及び障害児の福祉に関する法律と相まって、障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活または社会生活を営む事ができるよう、必要な障害福祉サービスに係る給付その他の支援を行い、もって障害者及び障害児の福祉の増進を図るとともに、障害の有無に関わらず国民が相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与すること」を目的として、2005年に成立した法律である。①市町村を基本とする仕組みへの

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >