レポート >家政学

109件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 女性ホルモンがもたらす体への影響
    登録ユーザ:
    canacana
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2013-01-13
    ユーザの評価:

    女性ホルモンにはいくつか種類があり、それぞれに女性が妊娠するための役割がある。エストロゲン(卵胞ホルモン)は、卵胞の発育とともに増加し、排卵をピークに一時減少、月経時には減少する。卵巣から分泌され、月経の終わりごろから排卵前にかけて分泌量が増える。主なはたらきは、卵巣、子宮、膣など女性生殖器の発育を促し、月経時の子宮内膜の厚みを増す。分泌が少なかったりリズムが乱れたりすると、排卵がうまくいかず「月経不順」や「不妊症」をともなう。エストロゲンには、一般にはエストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類がある。そのうちエストラジオールは、子宮内膜を厚くし、子宮頸管粘膜を分泌して精子の…

  2. 『変わる家族、変わる食卓』書評
    登録ユーザ:
    gottutenpa
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-01-11
    ユーザの評価:

     『家庭料理に関するアンケート』や『食に関する意識調査』、『食品添加物に関する意識調査』、など家庭の食卓を対象としたアンケートは今やインターネットで検索すれば、簡単に手にすることができる。
     そして、これらの資料を基にして「40代の女性のいる家庭の自炊率は・・・」とか「30代男性の食生活は・・・」、「10代、20代の若年層の食生活は・・・」などの結論を導き出し、現代の食生活の問題点や感想を述べていく、というのが多く見られる調査や資料の報告である。しかし、この著書で明らかになるのはそのアンケートの結果が実際の家庭の食生活の…

  3. 朝食をちゃんと食べよう
    登録ユーザ:
    yuki_no_hana
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2011-10-17
    ユーザの評価:

    朝食は我々が食べる三回の食事の中で、起きてから一番最初に口にする食事である。そして、三回の食事の中で、最も大切なのは朝食だと聞いたことがある。しかし、食欲が湧かない、朝食を食べる時間があれば少しでも長く眠っていたい、ダイエットのためなどの理由で朝食を食べない人が少なくないようだ。そこで、朝食を食べないということは良いか良くないか、朝食の欠食は体にどう影響するなどのことを以下にみてみよう。

  4. 調理実習~えんどう飯など
    登録ユーザ:
    m08uy1
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2011-07-10
    ユーザの評価:

    米     320g    
    水     480g    
    塩    5g    
    えんどう豆  202g(豆のみ92g)

    ○煮付け○
    鰆    4切れ(310g) 酒       62g 水       78g 砂糖    16…

  5. 食品の鮮度試験
    登録ユーザ:
    m08uy1
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2011-07-10
    ユーザの評価:

    (1)卵を保存するときの温度は卵の品質にどのような影響をあたえるのか
    室温で放置しておくと卵の殻にある小さな穴(気孔)から炭酸ガスが早く抜けていくため、この現象により、盛り上がった濃厚な白身の部分が徐々にダラ~ッとした水分の多い白身になっていき鮮度が急激に落ちていく。また、1度冷やした卵を急に室温の高い所に置くと卵が汗をかき、卵を水で濡れたままの状態にしておくと細菌の侵入を早めてしまう。

  6. 食品水分量+小麦のグルテン
    登録ユーザ:
    m08uy1
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    250ポイント
    登録日:
    2011-07-05
    ユーザの評価:

    実験方法…
    135℃に調節した乾燥機に、番号を控えた秤量ビンをるつぼはさみを用いて入れ、蓋を開けた状態で蓋と共に1時間加熱する
    ②加熱後蓋をしてデシケーターに移し30分間放冷したのち直示天秤で秤量する(Ag)
    ③薬包紙に約2gの試料を秤量し、秤量の済んだ秤量ビンに入れ、再び直示天秤で秤量する(Bg)
    ④これを乾燥器に蓋を開けた状態で入れ、2時間加熱する

  7. これからの自らからの食生活を設計する場合の留意点について
    登録ユーザ:
    takanori10
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2011-05-24
    ユーザの評価:

    これからの自らからの食生活を設計する場合の留意点について。
    まず一つ目は正しい食生活習慣を身につけるということだ。これは一番基本的なことである。正しい食生活習慣を身につけるには3食食べることが大切だ。
    最近、朝食を抜く人やダイエットの為に1日一食にしたりする人がいるみたいだが、
    朝食を抜いて1日2食になると、食事の間隔があくことで、身体はもしものときに備えてエネルギーを蓄えようと働く。

  8. ドイツにおける結婚・家族形成
    登録ユーザ:
    3107ym11
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    600ポイント
    登録日:
    2011-01-14
    ユーザの評価:

    ドイツでは結婚前に同居し共同生活(同棲とか事実婚といわれる)するのが都市部の若者の間ではごく一般的になってきている。

  9. 味覚実験
    登録ユーザ:
    uni6531
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2010-12-16
    ユーザの評価:

    目的:味覚は、飲食物が舌、軟口蓋、咽喉頭の表面にある味覚器、すなわち味蕾に接触することによって起こる感覚である。ヒトの味覚刺激の測定においては、味の質と強さの両面からの評価が必要である。本実験は基本味を感じる舌の部位を知り、それぞれの味覚の閾値を求め、味覚の特性や味覚器の構造について検討を加えることを目的とする。

  10. 私の生活と食品衛生・栄養
    登録ユーザ:
    ikuiku13
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    250ポイント
    登録日:
    2010-11-30
    ユーザの評価:

    私達は毎日、食事をして生活している。それが人の体では栄養となり、また、エネルギー源ともなり、日常の活動にとって食事は欠かせないものになっている。よって、食事は人体に様々な影響を与えているといえるだろう。
    人は通常朝・昼・夕の三食をとるが、睡眠と目覚めの関係とともに、この食事の時間的配分に応じて、人体は消化機能に関係した神経・内分泌・代謝などのリズミカルな変動を示すのである。

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >