レポート >理工学

791件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 遠隔操作ロボット
    登録ユーザ:
    Larukkun
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2014-01-17
    ユーザの評価:

    1.未知環境探索目的の遠隔操作ロボット
    未知環境を探索するロボットに求められる理想的条件は、ロボットが人間の代わりに全ての探索を行ってくれるというものだ。そのためには機動性に優れ、操作者からの指令をテキパキとこなし、逆に得られた情報を操作者に伝送する仕組みを有するロボットを開発する必要がある。このようなロボットの設計について考える。

  2. hashを用いた語彙出現数のカウント
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    100ポイント
    登録日:
    2013-03-16
    ユーザの評価:

    #!/usr/bin/env ruby
    # -*- coding: utf-8 -*-
    def count(tweet,list)
    hash = Hash.new
    word_count = 0
    list.each do |word|

  3. Support Vector Machineによる学習・分類器
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    17ページ
    ポイント:
    400ポイント
    登録日:
    2013-03-16
    ユーザの評価:

    #!/usr/bin/env ruby
    # -*- coding: utf-8 -*-
    require "csv"
    require "rsruby"
    module SVM
    class Hard

  4. 線形対数モデルのテキスト分類
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    6ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2013-03-16
    ユーザの評価:

    #!/usr/bin/env ruby
    # -*- coding: utf-8 -*-
    require "set"
    @labels = Set.new
    @words = Set.new
    @sentences = Array.new
    @eta = 0.1 @C = 1

  5. ランダムなテストデータ生成
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    50ポイント
    登録日:
    2013-03-16
    ユーザの評価:

    #!/usr/bin/env ruby #
    -*- coding: utf-8 -*-
    require "csv"
    x = Array.new(ARGV[0].to_i,Array.new(2,0.0)) y = Array.new(ARGV[0].to_i,0.0)
    type = ARGV[1].to_i

  6. Web上データのクローリング
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-03-16
    ユーザの評価:

    # coding:utf-8
    require "mechanize"
    agent = Mechanize.new
    links = Array.new
    root = "http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=" target = ["saikou",2]
    #target = ["koutou",3]

  7. MeCabを用いた素性ベクトル
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-03-16
    ユーザの評価:

    #encoding:utf-8
    require File.expand_path('../vos/version', __FILE__) require "MeCab"
    module Vos
    class SV

  8. MeCabによるパージング
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-03-16
    ユーザの評価:

    #!/usr/bin/env ruby
    # -*- coding: utf-8 -*-
    #--------------------
    #ARGV[0]:加工対象のファイル名
    #ARGV[1]:ngram の n
    #--------------------
    require "CSV" require "MeCab" require "kconv"

  9. アセトアニリドの合成・精製
    登録ユーザ:
    flat_maker_1134
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-05-04
    ユーザの評価:

     アセチル化反応
      有機化合物の活性水素をアセチル基(-COOCH3)で置換する反応をアセチル化という。アルコールやフェノール及びアミンなどは容易にアセチル化される。通常用いられるアセチル化剤には、氷酢酸、無水塩酸、塩化アセチルなどがある。なお、アセチル化を行う目的には次のようなものがある。

  10. 条件付き確率場
    登録ユーザ:
    burubom
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-02-20
    ユーザの評価:

    数線形モデルを系列ラベリング問題に適用したものが条件付き確率場 (conditional random fields, CRF) である。次のような訓練データが与えられたとする:
    D = {(x(1), y(1)), (x(2), y(2)), · · · , (x(|D|), y(|D|))} ここでは各事例を、d でなく最初からベクトル x で表すことにする。
    CRF は対数線形モデルの一種であるので、その条件付き確率 P (y|x) は

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >