レポート >体育・スポーツ

168件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 高校野球における野球留学問題について
    登録ユーザ:
    airsalo
    枚数:
    8ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2014-04-02
    ユーザの評価:

    現在、高校野球において「野球留学」を問題視する声が多くあがっている。なぜ、「野球留学」が問題となっているのか。本レポートの第1章では、まず核心であるその「野球留学」の問題点について、またその原因について調べる。第2章では、その背景にある学校経営の問題についても採り上げていく。特にこの学校経営については「野球留学問題」に深く関係している「野球特待生問題」についても述べる。第3章においては、「野球留学問題」や「野球特待生問題」に対する高校野球連盟(高野連)の対応や、これからの高校野球について考察していく。

  2. 保健衛生(結核と骨粗鬆症)
    登録ユーザ:
    akb0529
    枚数:
    9ページ
    ポイント:
    500ポイント
    登録日:
    2013-12-24
    ユーザの評価:

    保健衛生 ~結核と骨粗鬆症~
    第1章 結核
    結核症はヒト型結核菌( M y c o b a c t e r i u m t u b e r c u l o s i s)による感染症である。特殊な例
    を除き最初に肺に感染し病巣を形成するので肺結核が中心になるが、進展すれば全身の諸
    臓器に病巣を形成する・・・

  3. 筋収縮様式や筋繊維組成のタイプの知見
    登録ユーザ:
    tkraeu
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-06-21
    ユーザの評価:

    筋収縮様式や筋繊維組成のタイプの知見は、競技スポーツを実践するうえでどのように役立てられるか、自身の考えを述べなさい。
    「筋収縮様式」
    ・等尺性収縮 アイソメトリック
     筋が運動を伴わず、筋の長さが変わらない収縮のことを言います。例えば、壁を押動作など。筋の長さが一定の状態に保たれたまま力が発揮される状態の事です。

  4. 運動の効用
    登録ユーザ:
    akrx30
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2013-06-07
    ユーザの評価:

    運動の効用


    〈はじめに〉
    私たちは、日常的に運動を行っている。そして運動を行うことは一般によいことだと考えられ、運動を推進する様々な取り組みが行われている。運動は私たちにとってどのような効果をどのようにしてもたらすのだろうか。本論では運動の効用について述べようと思う。

  5. 健康とスポーツ
    登録ユーザ:
    tomorisa
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-07-18
    ユーザの評価:

    本論では「健康とスポーツ」というテーマで、健康とスポーツにはどのような関係があるのかということを考察する。健康の定義とは、「完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない(WHO憲章前文より)」である。スポーツとは、遊戯、競争、肉体的鍛錬の要素を含む身体運動の総称のことである。言葉の意味だけでは関係があるようには思わない。しかし、健康に生きていくためには運動は欠かせないということは、誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。

  6. 体育理論
    登録ユーザ:
    heyangel
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    500ポイント
    登録日:
    2012-03-25
    ユーザの評価:

    歩いたり、走ったり人が活動する上で健康であることが一番望ましい。
    健康管理には何が大切か、まず基本構造を知ることによる。


    1、骨
     人の体は骨格をベースにできている。約200本もの骨が関節によって接続されて我々の身体の中にある。その全てが正常に機能して我々は健康的でスムーズでなめらかな行動ができてい…

  7. 体脂肪・心拍数の記録と考察
    登録ユーザ:
    ini0ntjumk
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-02-28
    ユーザの評価:

    傾斜0%で歩行した人の血圧の変化はゆるやかであるが、脈拍数の上昇は高い。
    傾斜10%で歩行した人の血圧の変化はイレギュラーであり、脈拍数は運動直後すぐに下がっている。
    負荷70wの自転車をこいだ人は運動直後すぐに血圧、脈拍数ともに下がるタイプの人であることが分かった。

  8. 小児の肥満について
    登録ユーザ:
    maron0925
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-02-16
    ユーザの評価:


    こどもの肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が話題になっています。見た目が太っているだけでなく、大人と同様、内臓に脂肪がたまり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に加え、動脈硬化になりやすくなっているこどもも珍しくありません。また、こどものときの肥満が、大人になってからの肥満につながっていくこともわかってきています。
    さらに、こどもたちの生活リズムにも変化が表れており、「夜型」になっています。日本小児保健協会が平成12年に行った「幼児健康度調査」*3によると、「22時以降に就寝する」こど…

  9. 体力および運動能力の改善に対するサッカーの役割
    登録ユーザ:
    cf5115
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    100ポイント
    登録日:
    2012-01-20
    ユーザの評価:

    1.はじめに
     サッカーは人数が多いため、ポジションによって試合中の動き方も変わってくるのである。そこで、今回は私が健康・スポーツ科学のなかで何回かプレーしたミッドフィルダーに焦点を絞って考えることとする。ミッドフィルダーはフォワードとディフェンダーの中間に位置し、主にボールを前線に配ったり、守備、攻撃両方に参加をする大変運動量の多いポジションである。だから、サッカーは運動量が多く、持久力アップが期待できることはもちろんのこと、
    筋力、瞬発力もつくと予想される。

  10. 体育バレーボールについてのレポート
    登録ユーザ:
    tomoya12342006
    枚数:
    6ページ
    ポイント:
    500ポイント
    登録日:
    2012-01-17
    ユーザの評価:

    全員が三段攻撃をベースにAクイック、時間差攻撃を含めたコンビネーションバレ-ができる事。

    この二点を目標として4月からバレーボールに取り組んできたが、果たしてこの目標を達成できたのかをより細かく考えていく。

    ・「レシーブ~トス~スパイクのコンビネーションプレーと踏まえ、その技術学習をスパイ…

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >