レポート >地理学

109件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 金環日食とは
    登録ユーザ:
    jin0913
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-01-13
    ユーザの評価:

    日食はかつて日蝕と書かれ、今でもこのように書かれることがあります。蝕む(むしばむ)という文字の通り、日食は太陽が月によって隠される天文現象です。
    地球から見て月が太陽の前面を横切るとき、月が作る影の中に地球が入ってしまうことがあります。太陽が放つ光の一部または全部が地表へ届かなくなると、月によって隠された部分が欠けて見えます。これが日食です。陽と地球の間に月がやってきて、月の影の中に地球が入ると日食が起こります。ですから日食が起こるためには、太陽と月と地球が、この順番で一直線に並ぶ必要があります。このとき、月を背後から見る格好になりますから、日食は新月の時にし…

  2. 岩井市の民宿
    登録ユーザ:
    Remy0309
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-11-21
    ユーザの評価:

    岩井とは、波が少ない内房の海を利用して海水浴場を中心として栄えてきた町である。1997年のアクアラインの開通で、車で今まで都内から4時間ほどかかっていた道のりが約1時間半になったことにより最近ではさらに海水浴客が都内から集まるようになった。また、穏やかな海であるため臨海学校に利用され、家族連れに人気が高いことから、昔から民宿が発達し、家族連れや大学のサークルが多く宿泊する。また、岩井の海は内房にあり、波が穏やか、急に深くなることがない点や、ジェットスキー、バナナボートが禁止されていることから家族旅行や、臨海学校などで多く利用されている。また、この岩井の海は初代の「花盛りのきみたちへ~イケメン…

  3. 地球の内部構造3 マントル①
    登録ユーザ:
    earthman50
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-11-03
    ユーザの評価:

    前述のモホ面より深い領域をマントルという。深さにして6~35㎞から、約2900㎞の範囲で、地球の体積のじつに85%を占める。
    試みはなされているが、人類はいまだマントル物質を手に入れていない。では、マントルの組成はどのようにして推定できるのであろうか。

  4. 地球の内部構造2 地殻
    登録ユーザ:
    earthman50
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-11-03
    ユーザの評価:

    地球の表面は海と陸に分かれているが、単に低いところに水がたまったのが海、あるいは海面より上が陸、というだけではない。海洋と大陸では、それぞれ地殻の種類が異なるのである。海洋下の地殻を海洋地殻、大陸を構成する地殻を大陸地殻という(海面下に没している大陸地殻もあり、大陸棚と呼ばれる)。

  5. 日本全国における牛馬の分布の違いに関する考察
    登録ユーザ:
    earthman50
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-11-03
    ユーザの評価:

     今学期の授業の内容で、私は農耕に使われる牛馬の分布の地域差に興味を持った。
     明治前期における耕牛、および馬の分布を見ると、西日本では牛が多く使われていたのに対し、東日本では馬が多く使われていたことが分かる。また、西日本でも九州地方は牛、馬ともに広く農耕に用いていた。こうした地域差はなぜ生じたのだろうか。

  6. アポイ岳ジオパークの魅力
    登録ユーザ:
    earthman50
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-11-03
    ユーザの評価:

    アポイ岳は、北海道南部の日高山脈の南部に位置する。アポイ岳の特徴は、何と言っても山全体がカンラン岩でできている、という点だろう。
     カンラン岩は、カンラン石を主要な鉱物とする岩石で、主にマントルを構成していると考えられている。そのため密度が大きく、手に持つとずっしりと重く感じる。

  7. 北海道の自然について
    登録ユーザ:
    yuuuupom
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    350ポイント
    登録日:
    2012-07-25
    ユーザの評価:

    豊かな自然形態・生態系が魅力です。人を寄せ付けない地形・環境によって、大自然の秘境と呼ばれてきましたし、自然が守られてきました。かつて、半島一周の道路建設計画が持ち上がったことがありましたが、立ち消えました。自然を守ろうという動きがあったことは確かです。道路ができれば、海と陸の生態系を結ぶところが遮断されてしまうため、世界遺産登録はあり得なかったでしょう。
     生物たちといえば、ヒグマ(世界で最も高密度の生息)、エゾシカ、キタキツネ、天然記念物であるオオワシ・オジロワシ・エゾシマフクロウ・クマゲラ・ヒシクイ・マガンといった鳥…

  8. 地上気象観測 レポート
    登録ユーザ:
    mai7110
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2012-02-16
    ユーザの評価:

    気圧計・自記電接計数機(雨量)・風向風速計・自記日照計・自記温湿度計などの使い方を学び、天気予報のしくみや原理を理解する。

    ・次の表を見ると、日射強度が最も低い時、最高気温が最も低く、最低気温は最も高い。
     湿度が最も低い時、平均気温は最も高い。
     日射強度が最も高いときには湿度が平均、最小ともに最も高い。
    ・また、気象台のデータ観測したデータを比べると、気圧が8hPa程気象台よりも大きく、

  9. 相対年代法とはどのような方法か
    登録ユーザ:
    suzukite2004
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    3,000ポイント
    登録日:
    2012-02-07
    ユーザの評価:

    地球が誕生し現在までの進化の過程を明らかにする事は地球年代学にとっての命題である。
    地球の進化の過程を明らかにするには地球システムの構成要素、存在状態、各サブシステムを明らかにし、それぞれの相互作用を理解する必要がある。まずは構成要素がいつ生成されたかを明らかにする必要があり、その測定方法には大きく分けて二つの方法挙げられる。一つは実年代で表す「絶対年代」と、時間の前後関係を示す「相対年代」である。

  10. 科学的風化、物理的風化、生物的風化作用の相互の関係について
    登録ユーザ:
    suzukite2004
    枚数:
    4ページ
    ポイント:
    3,000ポイント
    登録日:
    2012-02-07
    ユーザの評価:

    風化とは地表または地表付近に存在する堆積物や地表に露出された堆積岩、火成岩、変成岩など岩石類が受ける物理科学的変化および変質を意味する。風化によって岩石を構成する鉱物は、地表付近の環境条件で安定もしくは準安定な物質に変質する。地表環境の様々な気候による影響で気温、湿度、風の作用が異なるだけではなく、地形や水の形態も様々であり、風化作用の要因も多様である。本論で取り上げる風化の要因は科学的風化、物理的風化、生物的風化であり、それぞれの風化作用を説明するともに、それぞれの相互作用についてまとめる事とする。

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >