レポート >法学

531件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 老齢加算制度
    登録ユーザ:
    1312263
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-07-28
    ユーザの評価:

    そもそも老齢加算とは「老齢者は咀嚼力が弱いため、他の年齢層に比し消化吸収がよく良質な食品を必要とするとともに、肉体的条件から暖房費、被服費、保健衛生費等に特別な配慮を必要とし、また、近隣、知人、親戚等への訪問や墓参などの社会的費用が他の年齢層に比し余分に必要となる。」※1とのことから、1960年に老齢福祉年金制度の発足と同時に設けられた制度です。給付額は当初は月額1,000円でしたが、年々増額されて2003年には月額17,300円にとなっていました。

  2. 類推解釈
    登録ユーザ:
    kta623
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2014-01-20
    ユーザの評価:

    類推解釈を行う時、「車馬」の侵入が禁止されているので、車や馬と似たような位置づけにあるもの、人や物の運搬等の役割を担うものについて侵入を禁じていると考えられる。例えば牛などの動物である。
    また、車や馬のようにその大きさのためにそもそも侵入が不可能であったり、

  3. 地方公務員の非正規雇用問題
    登録ユーザ:
    ghjhvcxcvbnjik
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-10-02
    ユーザの評価:

    地方自治体に任用されている非正規職員は総務省調査では約50万人(2008年4月現在『地方公務員の短時間勤務の在り方に関する研究会報告書』より)、自治労調査では推定約60万人(2008年6月1日基準日『自治労・自治研作業委員会「臨時・非常勤等職員の実態調査」』より)と報告されている。正規の地方公務員は同年4月1日現在では約290万人であ

  4. 自社における独占禁止法抵触可能性
    登録ユーザ:
    yasushi4610
    枚数:
    6ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-01-28
    ユーザの評価:

    昨今では、あらゆる業種業態において独占禁止法(以下、独禁法)上の潜在的法的リスクの可能性が指摘されている。自社が分類される電機メーカー業界でも独禁法を軽視することは出来ない。自社においてもリスクの顕在化を防ぐためには、法律を遵守した業務内容にすることは勿論、ガバナンスに配慮した組織体制や運営方針を策定し徹底するなど、予防法務を十分に意識した企業体質にシフトしていくことが必要になってくる。そこで、自社が採用している様々な戦略的行動について、独禁法が何を規制しようとしているのかを示した後、取引先に対する非価格制限行為を具体的に2つ挙げ、この非価格制限行為2つについて、どのような場合に独禁法上…

  5. モラル・ハラスメント
    登録ユーザ:
    jin0913
    枚数:
    6ページ
    ポイント:
    450ポイント
    登録日:
    2013-01-13
    ユーザの評価:

    セクハラ
     男女雇用機会均等法11条とこれを具体化した厚生労働省の指針をベースに定義すると、セクハラとは、「職場において行われる性的な言動」のことであり、「対価型」と「環境型」に区分される。(「対価型」とは、性的関係などの要求を拒否した労働者に対し、解雇、降格、減給などの不利益を与えるタイプのセクハラを言い、実際に不利益を与えなくても、これをほのめかして性的関係を迫る行為もこれに含まれる。「環境型」とは、職場での猥談、ヌード写真やPCの猥褻画像をこれ見よがしに眺める、不必要に体を触る、あるいは特定の労働者に関する性…

  6. 平和憲法の歪曲を読んで
    登録ユーザ:
    okura13
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-01-08
    ユーザの評価:

    自分は「平和憲法の歪曲」という題名を見たとき、平和憲法の事実とはどういったことなのだろうかと思いました。
     この本には憲法九条のについて詳しく書いてあり九条の条項は、一項「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」二項「前項の目的を達するために、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」というものです。

  7. 表現の自由と刑法175条
    登録ユーザ:
    scp07041as
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-01-08
    ユーザの評価:

     憲法21条1項には「…言論、出版その他の一切の表現の自由は、これを保障する。」また、2項には「検閲は、 これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」とあるように、憲法21条は、あらゆる表現 の自由を保障し、公権力による表現活動の妨害や干渉を禁止するものである。これは国民の基本的人権のなかでも とくに重要とされる。この表現の自由が保障されるのは、以下にあげる3つの根拠からである。

  8. 筆界特定制度の概要と問題点
    登録ユーザ:
    jin0913
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-12-24
    ユーザの評価:

    平成17年4月6日,不動産登記法の一部が改正され、筆界特定制度」が創設された。この制度は、筆界(境界)に争いがある当事者の申立により、筆界特定登記官が筆界調査委員の調査を経て筆界を特定するというものである。
    「筆界特定」とは、改正後の不動産登記法123条の「用語の定義」によれば、次のように定義されている。一筆の土地及びこれに隣接する他の土地について、この章の定めるところにより、筆界の現地における位置を特定すること(その位置を特定することができないときは、その位置の範囲を特定すること)をいう。土地の筆界の迅速かつ適正な特定を図り、筆界をめぐ…

  9. 2011年の民事訴訟法改正の意義と内容について
    登録ユーザ:
    jin0913
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-12-24
    ユーザの評価:

    2011年5月2日、国際裁判管轄を明記する民事訴訟法の改正法が公布され、施行期日は公布日から1年を越えない範囲内において政令で定める日とされた。
    これまで日本の民事訴訟法には国際裁判管轄に関する明文の規定はなかったが、国際裁判管轄が明記されたことにより、日本の裁判所における国際裁判管轄の予測可能性及び法的安定性が確保され、国際取引の円滑化につながることが期待されている。 主な改正内容は以下のとおりである。

  10. 公害規制と国家賠償責任
    登録ユーザ:
    UVERX2
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2012-07-26
    ユーザの評価:

    Ⅰ はじめに
    公害問題について論じる前に公害の定義とはどういうものかについて述べると、環境基
    本法2条3項によると「環境の保全上の支障のうち、事業活動その他の人の活動に伴って生
    ずる相当範囲にわたる大気の汚染、水質汚濁、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下、及び悪臭
    によって、人の健康又は生活環境に係る被害が発生することをいう」としている。条文で挙
    げた7つの公害は典型7公害と呼ばれ、これらは限定列挙と解されているためこれら以外

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >