レポート >経済学

434件の資料が該当しました。  <<   1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >
  1. 独自の産業分類と産業の本質
    登録ユーザ:
    nobu0425
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2014-01-17
    ユーザの評価:

    私たちは普段から「産業」という言葉をよく耳にする。それは新聞やテレビなどのマスメディアではもちろん、大学生になり、経済学部になった私自身もより産業という言葉を多く耳にすることが多くなった。それほど「産業」は日常生活に密接に関わっていると実感することができる。しかし、それほど聞きなれた言葉であっても、その本質を理解しているような人は少ないと思われる。曖昧なニュアンスでしか理解していないだろう。そして、今回はこの夏期課題レポートにて、各産業の本質を明確にし、独自の目線から産業の分類を考え、作成してみることにする。

  2. 第三次産業の分類
    登録ユーザ:
    okura13
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-09-27
    ユーザの評価:

    第三次産業とは、英国の経済学者コーリン・クラークにより1941年に発表された産業分類であり、第一次産業にも第二次産業にも分類されない産業である。小売業や運送業や飲食・宿泊や教育・介護・医療など所謂『形に残らない』ものを扱う産業のことを指す。
    クラークは、経済発展につれて第一次産業から第二次産業、第三次産業へと産業がシフトしていくことを提示したが、クラークのいう第三次産業には単純労働も含まれており、後進的な産業が先進的な産業と同じ扱いになっているという批判がある。

  3. 明治期以降における地主制の成立過程
    登録ユーザ:
    ttmukaimm
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-02-16
    ユーザの評価:

    明治期以降における日本の農業生産は、地主が所有する土地を農民に貸し付けて土地使用料である小作料を徴収する地主制と、その貸し付けられた土地で農民が小規模に農業経営を行う小農制を特徴とする生産が定着し、発展した。この地主と小農との関係性は、江戸時代の身分的支配に基づく共同体の中での規制を受ける土地所有ではなく、地租改正によって土地の所有者が明確化されたことによって確立した近代的土地所有権に基づく契約関係であった。このような形態が形成、発展した理由として、日本資本主義の特質である工業生産の発展が綿工業や製糸業などの軽工業中心であった事に加え、イギリスなどに比較すると後発国型の産業革命によって…

  4. 日本経済史_高橋財政と戦時統制との関係
    登録ユーザ:
    ttmukaimm
    枚数:
    2ページ
    ポイント:
    200ポイント
    登録日:
    2013-02-16
    ユーザの評価:

    およそ1930年から1931年にかけて、日本は全世界同時不況の影響を受けた深刻な不況に陥っていた。この不況からの脱出を図るべく、日本の経済政策を主導したのが、当時の大蔵大臣であった高橋是清である。彼の政策は「高橋財政」と呼ばれ、政府が積極的な財政出動を行う政策であった。それは軍事費拡大の圧力が強かった当時にありながらも、その拡大を抑えつつ経済の健全化を図った、いわば平和主義的な経済政策であった

  5. 起業家入門 授業感想
    登録ユーザ:
    yasushi4610
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-01-15
    ユーザの評価:

    講師の方たちに共通していたのは「思い立ったらすぐする」「仕事を楽しいものと直結させる」「出会いを大切にする」でした。講師の方たちはみんな行動力が高く、イキイキしていた感想を持ちました。講師もそれぞれで違った意見を持ち様々な考えを読み取れたと思える。あれこれ考えるよりも思い立ったら行動するが成功への主なルートなのでしょう。つまらない仕事は長く続かない、成功しないのでしょう

  6. TPPの内容と現状、日本の通商戦略として選択すべきか
    登録ユーザ:
    yasushi4610
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2013-01-15
    ユーザの評価:

    現在政府主導のもと推し進められているTPPだが我が国において有効だと言えるのだろうか。内容と現状を明確にしつつ日本の通商戦略として選択すべきかどうかを明らかにしていく。
     TPP(Trans-Pacific Partnership環太平洋戦略的経済連携協定)とは環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした多角的な経済連携協定である。

  7. 人間性
    登録ユーザ:
    kanayan
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-11-20
    ユーザの評価:

    私たちは、今まで小学校、中学校、高校で“歴史”を学んできた。これまでに学んできた歴史というのは、日本史においても世界史においても何年に誰がどこで何を起こしたというように事実だけを覚えていた。その時代の、政治的背景や社会的背景までは

  8. 世界経済の構造変化を考察する
    登録ユーザ:
    ftvftvftv
    枚数:
    5ページ
    ポイント:
    300ポイント
    登録日:
    2012-10-06
    ユーザの評価:

     これまでの日本は技術力によって先進国の一角を担ってきました。
     しかし資源を持たず製品の輸出に頼った日本の経済は、諸外国の経済状況に影響を受けやすい立場にあります。
     これまで、優位を保っていた技術力も各国が横並びとなり、世界のトレンド予測に基づいた経済活動の重要性が増していきます。
    Ⅰ章で世界の動きを分析、続いてⅡ章では一転する世界経済の構造に向けて日本が執るべき施策について考察しました。

  9. 金融教育
    登録ユーザ:
    greg714
    枚数:
    3ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-08-27
    ユーザの評価:

    金融教育の必要性が叫ばれている現代において、必要とされている金融教育とは果たしてなんなのだろうか、考えていきたいと思う。
    「これからの時代に求められる金融教育」に求められているものとは、海外にも通用する能力をつけさせることと、様々な視点から見ることのできる能力をつけさせること、社会に出た後に経済的に不利にならないように正しい知識を伝え、将来の進路選択に必要な情報を与え、契約の方法やルールなどの社会における経済活動の基本的ルールを理解させることで、生きていく力を教えることだと私は考えている。

  10. 「自然的自由のシステム」と「公共の福祉」は矛盾しないか
    登録ユーザ:
    tohanerei
    枚数:
    1ページ
    ポイント:
    150ポイント
    登録日:
    2012-08-05
    ユーザの評価:

    スミスの時代、ヨーロッパでは周期的な飢饉が発生しており、このような飢饉のさいには、行政当局が穀物承認に命じて低価格で穀物を市場に提供させることが、またさらに、
    飢饉に備えて日ごろから穀物取引を統制することが期待されていた。しかし実際のところ、飢饉に見舞われた人々は、穀物承認の投機的な取引こそ基金を引き起こすものだとして彼らの穀物倉庫を略奪することもあり、また承認たちの行動をちゃんと統制できなかったとして行政当局を糾弾する騒擾を引き起こすこともしばしばであった

  <<  1   2   3   4   5   6   7   8   9   次へ >